2016.01.09
小澄源太 tatalaYAVZ
小澄源太 tatalaYAVZ
I felt as if I had been struck by lightning...

源太くんのライブペインティング。今、私が住んでいる東京でやっと見ることができた。
この人の持つパワーはいったいどこからやってくるのだろう。吸い込まれてしまった。
巷に溢れる、何かやるごとに「自分を見て!褒めて!」という欲しがりの人や、意味のわからないコンセプトと洒落た写真で見せることだけを意識した作品、全てを鎮座させて見せたいくらいの作品(ライブ)だった。
もちろん友達ということもありその上での感想だけど、今までの作品や人柄全て尊敬しているわけだから想いは熱くなるわけです。

巷への悪態はさておき自分はどうかというと、閉じていた引き出しを開けられ新しい空気がいっぱい入ったような気になった。
ライブペインティングが終わったとき、息も絶え絶え、こみ上げる何かで自分がどうにかなりそうだった。
20歳のとき、ある洋服屋で身体に電気が走ったようなことがあったがそれ以来のビリビリだ。後に働くことになったその洋服屋で、夢中になって20歳代を過ごした。あれから25年。性格もまるくなり、関西から東京に移り住んでそれなりに楽しくやってるけど
この日を境にまた新しい自分がツルんと出てきたような気がした。文明開化!

見る機会があったら、是非味わって欲しい。私のように新しい自分がツルんと出た方、一緒に呑みましょう!!

小澄源太くんの情報、yes!yes!非非の情報はこちら>>>

 
- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.valot.net/trackback/99
<< NEW | TOP | OLD>>